学習についての日常雑話の最近のブログ記事

英語は文末にあるものに焦点が置かれる

英語は文末にあるものに焦点が置かれます。

下の英語文の'Hopes'の内容って何でしょう?

Hopes are high that in the near future, robots will be
personable humanoids that can walk the dog, work as
salespeople and make good conversation.

まずは英文法をしっかり押さえよう!

英語では前置詞句を見たら、それがどこを修飾しているのかよく考えないといけません。これを怠ると正しく英語が読めなくなります。

つまり、英語文を正しく解釈することができなくなるのです。では、これを踏まえた上で、次の文を見てみましょう。

①A man came into the room with blond hair.

英語文末にwith blond hair という前置詞句がありますが、さて、これはいったいどこを修飾しているのでしょうか。修飾というのは、原則、隣にあるもの同士で行われます。したがって、まず考えられるのは、直前のthe room を修飾している解釈です。

②A man came into the room[with blond hair].

でも、「金髪の部屋」なんていうのはありえません。部屋が金色の髪の毛でいっぱいであるとか、部屋の壁や床から金色の毛が生えているという状況もなくはないですが、でもないです。

ありえない話というかありえない状況ですよね。したがって、
with blond hair がthe room を修飾する解釈は、可能性としては一番ありそうですが、ボツです。

次に考えられるのは、with blond hair という前置詞句が、
動詞句came into the room を(副詞的に)修飾している解釈です・・・