犬のしつけ飼い方の日常雑話の最近のブログ記事

トイプードル しつけでは意外と散歩が困る

トイプードル しつけでは意外と散歩が困ることがあります。トイプードルはオスだとけっこう体が大きくなるので引っ張る力もすごいです。

犬 しつけ 散歩の途中で犬が近づいてきたら、道路の反対側に渡り、できるだけ早く「イケ」と命令を出し、そのあとで手のボディ・ラングージをつけながら「オスワリ」「マテ」と言います。

トイプードル しつけでは、愛犬にはあなたのほうを見るようにさせ、別の犬から注意を逸らし、他の大が通り過ぎるあいだ静かにしていたらごほうびを与えます。犬 しつけ 散歩の基本と言っていいでしょう。
柴犬 飼い方で困るのは、犬 しつけ トイレ用品でしょうか・・

犬 しつけ トイレでは、トレーニング時間のときは、使いたい食べ物のごほうびを手がすぐ届くところに置いておきます。

柴犬が反応を覚えて、それが確立されたあとは、行動を維持するために、犬 しつけ 用品は使ったり使わなかったりしますが、すっかりやめてしまってはいけません。

やめてしまうと望ましい反応が消えてしまうことがあります。

家族の他のメンバーもトレーニングに参加するときは、全員が同じ命令とボディ・ラングージを使うようにします。そうしなければ柴犬が混乱してしまいます。