英語を話すのも聞くのも読み書きも英文法の知識は必ず必要

英語ではたとえば、主語に無生物のものをもってきたら、その時点で次にくる動詞は限られてくるし、しかもその動詞に続く表現にもいろいろと制限が課せられてきます。

言わずもがな、この「制限」が英文法に他ならないのです。

このようなことからも分かるように、「読む」にせよ「書く」にせよ、そして「聞く」にせよ「話す」にせよ、どの技能にも必要となってくるもの、それが英文法の知識なのです。


文系の人の英語学習が非効率な理由・・

「英語の力をつけるためには何を読んだらいいのでしょうか?」ある英語の先生の答えは、次の通りです。

「英文法の本をしっかり読むことですね。」

でも、だからと言って、今さらまた受験の時に使った英文法書をひっぱり出してきて英文法の本を読む気になるかというと、なかなかなれません。

それに、文法書のような無味乾燥な、まさに英語のマニュアル本なんか読む気には(よほどの物好きというか文法オタク以外)普通ならないものです。

でも何とかして「英語の力」すなわち英文法の力を身につけたいわけだが......。

そこで考えられるのが、何か英文記事を読んで、それで「英語の力」すなわち英文法の力をビルドアップないしブラッシュアップさせる方法です。

最近のブログ記事